ノンシリコンシャンプーのおすすめ

シリコン(正確にはシリコーン)は、化学反応で作られた人工物です。シャンプーに入れるとキューティクルに付着してコーティングすることから今まではスキンケアやヘアケアに広く使われるようになっています。ですが、効果は髪をコートするだけなので髪を補修したり浸透して保湿するような効果は実は無いのです。
このため、シリコンに頼ったヘアケアを続けていると髪の傷みを進行させてしまう結果になってしまいます。シャンプー、リンスを使っていて最初は良かったけどだんだん仕上がりが悪くなってきたと思われる方はシリコンの影響の可能性が高いと思わます。
シリコンの継続使用は結果的に髪の質を悪くさせる可能性があることから最近ではこのシリコンを入れないシャンプーが多く発売されて来ています。
ですが、シリコンを使うのを止めてもすぐに髪の質が良くなるわけではありません。
シリコンシャンプーではがれてしまったものを少しずつ修復していくので根気強く良質なノンシリコンシャンプーを使っていけば本来の艶が出てくるので諦めずヘアケアするのが良いでしょう。

 

ノンシリコンのメリット

ノンシリコンシャンプーはシリコンの髪への負担がなく、コーティングされていないのでトリートメントや栄養クリームをしようした時に吸収も良く髪の毛の健康を考えている方には向いていると思われます。栄養が吸収されやすいので髪の傷みは改善されやすくなります。

 

ノンシリコンのデメリット

使い始めの頃は、髪がきしんだり艶が出にくかったするので指どおりが悪く感じる方もいます。そのためノンシリコンシャンプーに髪が馴染んでくるまで時間がかかる事がデメリットっとも言われます。

ノンシリコンシャンプーは髪には優しいシャンプーです

ノンシリコンシャンプーが髪にいい理由はずばりシリコンが入っていないから!そのままなのです。
逆にシリコンが入っていると何がいけないのかを考えてみましょう。そもそも、シリコンをシャンプーに入れている理由というのは髪の毛に艶をだすためで髪を補修するためではないのです。シリコンは、硫酸系のシャンプーによく使われている成分なのですがシリコンはこの洗浄成分の刺激を緩和する効果があるため入っているのです。
また、髪の毛を普通の固形石鹸などで洗った事がある人はお分かりになるかも知れませんが、普通に髪を洗っただけでは髪はごわごわでキシンでしまうものなのです。コレを防ぐために使われているのがシリコンと言う訳です。この事から、洗浄力が強すぎたり質のわるいシャンプーもシリコンさえ入れてしまえば誤魔化せてしまう結果となるわけです。

 

ですから、シリコンが入っていないのに髪の質が良くなるシャンプーはシャンプーそのものの質が良いといえることになる訳です。髪に浸透し保湿され抜け毛なども減り髪そのものを補修できるシャンプーと言えるでしょう。

 

アミノ酸系シャンプー

髪にも頭皮にも優しいアミノ酸系シャンプーはTOPページで確認して下さい