アミノ酸系シャンプーの特徴を理解しておこう

アミノ酸系シャンプーは髪にいいらしいではなく、特徴やメリット、デメリットを知った上で購入するなり使うなりしていきましょう。
アミノ酸系シャンプーと言うのは、洗浄成分として、アミノ酸系成分を使用しているシャンプーのことを言います。色々あるシャンプーの中で、一番、低刺激で、優れた洗浄機能を持っているのが特徴で、薄毛や抜け毛に悩む人、そして肌が弱い人にふさわしいシャンプーです。

 

ですが、最近では少量のアミノ酸系成分を配合した物でもアミノ酸シャンプーとして販売されていますので注意が必要です。

 

人間の体は20種類のアミノ酸によるタンパク質で作られています。髪や肌も、大部分がアミノ酸によるタンパク質で作られています。アミノ酸系シャンプーは、肌や髪と同じ成分で洗い上げることから、刺激が少なく、敏感肌や乾燥肌の人でも使えるのが大きな特徴になります。
低刺激というとどうしても洗浄力が弱い感じがありますが、アミノ酸系シャンプーは毛穴に詰まった汚れもしっかり落としてくれます。ただ、市販のアルコール系シャンプーから乗り換えると、洗い足りないような印象を受けます。これは十分に洗えていないわけではなく、汚れだけを落として、頭皮に必要な皮脂は残しているからなのですね。

 

アルコール系シャンプーは汚れも皮脂も全て落とすので、洗髪後のさっぱり感とは裏腹に、頭皮のバリアの皮脂まで落としてしまっているのです。アミノ酸系シャンプーは汚れを落として皮脂は落とさないのが特徴なので、頭皮の健康には最適なんですよ。

 

 

アミノ酸系シャンプーの見分け方のポイント

ざっくりですが、大まかなポイントとなりますが、シャンプーの表示は配合量の多い順に書かれていますので、大体が一番最初に水となっています。次に来るのが洗浄成分である界面活性剤です。天然成分の界面活性剤ですと「ココイル〜」などから始まりますが、石油系海面活性剤ですと、「ラウレス硫酸〜ラウレス硫酸〜」から始まります。また、成分表示の最後の方に「安息香酸、香料、パラベン」などとありますが、これらは食品にも使われていて問題となっている成分です。ただ、一番最後に書かれているので、配合量は微量となります。

 

 

 

 

アミノ酸系シャンプーのデメリットとメリット

シャンプーを購入する際の参考程度に知っておくといいと思います。

 

アミノ酸系シャンプーのデメリット

一番のデメリットは、価格が高いということです。石油系合成シャンプーや肌に良いと言われる石鹸シャンプーと比較すると、どうしても価格が高くなるのが、難点と言えるでしょう。アミノ酸系シャンプーは、髪と頭皮の健康には間違いなく良いのですが、コスト面から見ると、他の高級アルコール系シャンプー、石けん系シャンプーと比べて、かなり高価になってしまいます。シャンプーというのは、大体、毎日使用するものなので、経済的な負担がかかってしまうのは、痛いところです。そして、アミノ酸系シャンプーの場合、店舗などで売られているケースが少ないということもあり、入手するには通販などを利用しなければならないデメリットがあります。

 

 

アミノ酸系洗浄成分シャンプーのメリット

価格は高いけれども、その価格に見合うだけの良さがあるということです。そして、肌と同じphの弱酸性なので、頭皮にやさしいというメリットがあります。また、髪がきしまなくて、洗い上がりがさっぱりしていて、リンスがいらないくらい滑らかな指通りがあります。肌の弱い人や頭皮が傷んでいる人でも安心というのも、大きなメリットです。

 

アミノ酸系シャンプー

髪にも頭皮にも優しいアミノ酸系シャンプーはTOPページで確認して下さい